地下の鳩
0
    JUGEMテーマ:読書

    若いころの威勢とモテた記憶が忘れられず、現実を受け入れられない男と、自分を汚すことで安心する性癖を持つ女がミナミの繁華街で出会い、そして不格好に生きていく物語。

    暗くて臭くて淀んでいて・・・・そんな印象が全体に漂っている作品でした。
    不格好なりに一生懸命に生きるのかな? と思っていたんですが、予想は裏切られ、中途半端なまま日々を惰性と諦めと憔悴と虚勢で過ごしてる。
    読後感は最悪でした。
    作家さんは好きですが、私的にはあまりオススメできない作品でした。
    posted by: 黒猫 | 読書・絵本の感想 | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック