ぐるぐる 七福神
0
    JUGEMテーマ:読書

    学生時代は学内の問題に真っ向から取り組み運動を盛り上げ、その後環境問題に取り組んでNPO団体まで立ち上げたもののとん挫した船山のぞみは、自分が他人に影響を与えることを恐れて、極力人との関係を断ってきた。

    そんなある日、祖母が入院し、片付けをしていた押入れから七福神のご朱印を見つけるが、よく見れば寿老人の印がない。
    完全な形にしようと思い立ち、東京の神社めぐりを始めたのぞみ。

    初めは乗り気でなかったが、今まで気づかなかった都会の中の静かな魅力を発見して、次第に敬虔な気持ちになっていく。


    東京七福神めぐりマップのような物語。
    地方の人間にはあまりピンとこないのですが、普段は見過ごしがちな神社の良いところは存分に堪能できます。

    まるで学生のころから成長していないようなのぞみの頑なな性格に共感を覚えてしまったあたり、自分もまだまだ子供だなぁと感じて恥ずかしくなったり・・・。

    自分の家の周りにも巡れるような神社が沢山あるのか調べてみようかしらと思ったり、ちょっと影響されるところはありますね。
    posted by: 黒猫 | 読書・絵本の感想 | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック