雲のむこう、約束の場所
0
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    日本が南北に分断された戦後の世界。

    米軍統治下の青森に生まれた少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、津軽海峡を走る国境線の向こう側。
    そこには北海道に建設された謎の巨大な塔があった。

    いつか自分たちの力であの塔まで飛びたい。

    そんな夢を描いて自力で小型飛行機を組み立てるが、夢が実現する前に同級生であり、夢の理解者であった沢渡サユリと連絡が取れなくなった。

    そして3年の月日が流れ、それぞれの道へと進んだヒロキとタクヤはサユリが原因不明の覚醒障害を起こしていたことを知る。


    南北に分断され、まだ戦争をしているという設定なのに、あまりそのことが内容に重要視されてないというか・・・。
    そのせいで世界観が軽くなってる気がします。

    少年が本読んで秘密裏に飛行機作ってっていうのもかなり無理な気がするし、戦闘してる間を縫って機密であるところの塔まで何の障害もなく飛べるというのもご都合主義。

    キャラの声も出来れば声優さんにやってもらいたかった。

    平坦過ぎて、感情移入しにくかったのが残念。

    ついでに言えば、挫折は少年らしい理由の方が良かったな。
    それでもう一度やり直すという設定の方が説得力あったかも。

    折角、あの夏の日の出来事が素晴らしかったので、惜しいと思う。

    でも、夢をシンクロさせてるという発想は面白い。
    それがどうしてサユリだったのかっていうのが謎だけど・・・。
     
    posted by: 黒猫 | アニメ・コミック・ゲームの感想 | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000101
    トラックバック