死神の精度
0
    JUGEMテーマ:映画

    千葉は死神だ。
    人間が死を迎える期日の7日間を観察し、死を実行するか見送って生かすかを判定する。

    そんな彼の最大の楽しみは、CDショップでミュージックを試聴すること。

    その日もお気に入りの音楽を視聴しながら待っていた。

    ターゲットは藤木一恵。
    あるメーカーの苦情処理係だが、彼女は仕事に疲れ果てていた。

    いつものように観察を続ける千葉。
    だがその仕事はいつもとは違っていた。

    そして、いつもと違う判定をした千葉はその後―――――。


    淡々と、何の感情もなく仕事をこなすのが死神の役目。
    けれど死神にもふと魔がさすことがある。

    仕事に対する情熱も責任感も人間とは少し違う彼らだからこその落とし穴。

    人間に近づきすぎた千葉が下した決断で、その後の運命を大きく変えた一恵。

    その人間にとっては長く、死神にとっては短い時間の奥深さが素敵な作品です。
    posted by: 黒猫 | 洋画・邦画の感想 | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://kozukai.fantasy-club.net/trackback/1000055
    トラックバック